Queens Home

ご相談・お問い合わせ

家づくりのはなし BLOG

家づくりの始め方
補助金活用『こどもみらい住宅支援事業』

みなさんこんにちは。
営業を担当しております吉原です。

家づくりにおいて知って得する補助金や減税などなど。。。
昨年住宅ローン減税の延長は報道されておりましたが、
その他にも情報がございますので、ご紹介させて頂きます!!

 

今回は2022年新設の補助金制度、『こどもみらい住宅支援事業』をご紹介いたします。
こちらの補助金は、新築住宅をご計画の方も、リフォームをお考えの方にも適応可能な補助金制度です。

下記の【対象となる方】のチェック欄に該当する方は、補助金対象者になります。
是非参考にしてみてください。

■こどもみらい住宅支援事業

【対象となる方】
⇓ Let’s check
〖新築住宅の取得〗
〖リフォーム工事〗

 

〖新築住宅の取得〗の場合
⇓ Let’s check
□①『子育て世帯』  : 18歳未満の子を有する世帯
□②『若者夫婦世帯』 : 夫婦のいずれかが39歳以下の世帯
上記、またはどちらかに該当する世帯が、補助金対象となります。

 

〖リフォーム工事〗の場合
⇓ Let’s check
全世帯対象
※要件に該当するリフォーム工事を行う際に、補助金制度の利用が出来ます。

 

【補助額】
・新築住宅の取得 : 60万円~100万円 (※住宅の省エネ性能等に応じる)
・リフォーム工事   : 原則、1戸あたり上限30万円まで
(※要件が該当すれば、補助上限60万円まで引き上げが可能です。)

Queen’s Homeの標準仕様で家を建てた場合は、
追加仕様や追加費用を発生する事なく、補助金60万円が適応可能です!!
(※〖新築住宅の取得〗に該当する場合です。)

【対象期間】※2022年04月28日更新
・契約期間     (遅くとも)2022年10月31日まで ⇒ 2023年3月31日まで延長

・完了報告期間         2023年05月31日まで ⇒ 2023年10月31日まで延長

 

【参照URL】

こどもみらい住宅支援事業(国土交通省)

https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/

 

いかがだったでしょうか?
今回は2022年に新設の補助金制度、『こどもみらい住宅支援事業』をご紹介させて頂きました。

 

また、補助金制度に関しては、実際に家づくりを計画される市町村によって、様々な補助金制度がございます。
・移住対象向け補助金
・二世帯住宅の補助金
・中古住宅を購入して、リフォームする補助金、などなど( ..)φメモメモ

 

補助金の中には、国の補助金と組み合わせて申請できる補助金などもございます。
皆様のライフスタイルを考え、より合った家づくりを計画し、賢く補助金制度を利用してみてはいかがでしょうか?

 

すみずみまであなたらしい家づくり。
クィーンズホーム は、とことん寄り添っていきたいとおもいます。

この記事のシェアはこちらから
営業 吉原 広明

二級建築士。営業を担当しております。 お客様に寄り添い、たのしい家づくりを目指しております。

facebook instagram